Blog

ぐー

IMG_1485%5B1%5D.jpg

わんた、ぽちお、ふぁあた、ふぁあみ、ちゃたろう。


休みの日にベッドの上でわんたたちといちゃいちゃする時間が今のところ一番リラックスする。

疲れた日は早く帰りたくなる。


抱っこしたり、遊んでると自分の中の幼児性なのかなぁとか思う。

そういうのみんなは、ないのかなぁ。


明日は晴れかな。

昨日の朝、鼻血がダーってでてほんとにびっくりした。


子供のころは、鼻の粘膜が弱かったのか、はたまた別の病気なのか。

ほんとによーく鼻血が出ていた。


だから止め方なんてプロのように、心得ていて鼻をきゅっとつまんで止血したのだけど、あぁ、なつかしいなぁ。眠たいなぁ。
でも、なんで突然出たんだろう。病気かなぁ。


なんて、思ったりして。


経歴書は、27才の頃に初めて書いたのだけれどあれからもう4年も経ったのかぁ。

IMG_1482%5B1%5D.jpg
Photo by.Ryo Mitamura


27才の頃は、まさかそのあとに浜松に戻ることになるとか、婚約したりダメになったりするとか、どんな出会いがあるのかなんて、ちっとも想像できなかった。


IMG_1483%5B1%5D.jpg
Photo by.Ryo Mitamura


いつもいつも、半年先の自分が想像できなくて楽しみでもある。


でも、それは、私が変わったり成長してるんじゃなくて周りの状況が変わっていくだけ。

半年前には出会っていなかった人たちが、周りで見つめてくれてたり。


変わらずに昔から、支えてくれていたり。

なにはともあれ、出会いに生かされている私です。


32歳になった時は、31歳の所になんて書くだろうか。

何が起こっただろかな。

健康で、笑って歌って食べて飲んで遊んでいられますよーに。。。


みそいち突入。経歴書更新。

私は、いつも自分の生きてきた軌跡を説明するのに苦労します。

じぶんでも、いつどこで何を感じ、何をしてきたのか、思い出せなくなる前に書いたふりむけば・・・もうすぐ三十路・・・の経歴書の更新版です。


t-8%5B1%5D.jpg


1980年4月28日
静岡県浜松市泉町に元気でまんまる不細工な私誕生。
この数日後、畑の向こうの家の松本家に今でも仲良し写真家の松本直也が誕生する。


1歳。
不細工で評判の私。
みるみる大きくなっていく。2つ年上の兄に寝返りをうった際にストレートパンチを食らわす。
3歳の卓哉が泣いている写真が残っている。


2歳。
この頃からの記憶がかすかに残っている。
祖母の家の盆栽置きの下に転がっていた夏みかんを拾おうとした記憶が。
なんも考えず、そしてやっぱり不細工な私2歳。


3歳。
七五三の時に、2つとなりのごんちゃんという犬を飼っているうちのおばちゃんに着物を着せてもらった。
母に口紅を塗ってもらい、上唇とした唇をくっつけてパッてしてと言われ、加減が分からずお化けの様な顔に。
嬉しくて近所中、着物姿を見せてまわった。とにかく愛想のいい、不細工な私3歳。
喘息で水泳をこの頃から始めた。
同い年のいとこが交通事故で亡くなる。お葬式は意味が分からず、ただ、周りの大人は泣いていた。私は一番後ろの席で、大人に迷惑をかけないように、あやとりをしていた。
黄色い毛糸のあやとりだった。
母が英語教室に通わせる。私の年齢の教材がないためただ座っているだけ。
でも先生が優しかったのを覚えている。
先生はいつもピンクの口紅をしていた。

4歳。
お迎えの幼稚園バスを待つ場所まで母と手をつないで歩く時間が好きだった。
大きな石をひっくり返してはだんご虫を探していた。
この頃、くらげ展を見に行く。衝撃を覚える。
むらたこういちくんというお遊戯会でカラス役をやっていた男の子に初恋。
ちなみにそのとき私は、黄色い鳥役。台詞は「ピーピーピ」
不細工な私、順調に4歳。


5歳。
母の内職が忙しくなり、母の内職月商130万を越す。笑 バブルだ。
内職の荷物を運搬してくれるモリヤさんというおじさんがかわいがってくれて嬉しかった。
NHKの集金のおじさんの沢山仕切りのあるかばんのにおいと、おじちゃんのごっつい手が好きだった。おじさんはいつも風船を2つくれた。
とにかく人見知りはしない子だったので、不細工でも色んな人にかわいがってもらえた私5歳。


6歳。
仲良しの妹分と遊んでいると、その子の家のおかぁさんに「たまちゃんは○○の言いなりねぇ」と言われひどく傷付く。
物を「取ってきて」と言われた時に、何の感情も動くことなく行動していた私は、感情が動くようになる。
学校では目立ちたがり屋で学級委員長に立候補。見事委員長になる。
その頃、好きだった男の子は、同じ苗字のあべとしきくん。
恋多き不細工な私6歳。


7歳。
男女問わず、いじめられっこの話をよく聞いていた。そして仲良くなっていた。
その頃の私の特技は、いじめられっこを、クラスの人気者に仕立てること。
そしてそれが好きだった。
おぼっちゃま君、びんぼっちゃま君など、アニメが好きでアニメのタイムスケジュールを作っていた。
この頃は花屋のしばたともや君が好きになる。
目立ちたがり屋の不細工順調に7歳。

8歳。
3年連続で大好きな山内先生に担任をしてもらう。
習字の墨のにおいが好きで、習字の時間はとにかく楽しかった。
習字で書いた、「大切な税金」が最優秀賞に選ばれ、山内先生が泣いた。私は、笑った。母は、私のほうがうまいと言った。
足も速かったので陸上部に入部。走り幅跳びをする。夏は水泳部にかりだされるなど、この頃は、スポーツマン。今とは違って痩せていた。歯の生え変わり時期、ちょうど前歯がなくなり間抜けな笑顔が不細工な私8歳。


9歳。
シーズ犬を飼い始める。
とにかくかわいかった。でもなついてくれないのですねてもいた。
夕飯を食べるのが遅く、イスの下にいるりーちゃん(シーズー犬)にコッソリご飯をあげて夕飯を早く済ませる事を覚える。
しかし、テレビ番組で人間の食べ物を食べさせると犬が早死にすると聞いて、大反省。りーちゃんが死んじゃったらどうしようかと真剣に悩んだ。そろばんも開始。
担任の先生は、音楽の井出先生に変わった。音楽の授業でカンツォーネのサンタルチアをならう。イタ公の歌うサンタルチアのビデオにいたく感動する。そしてモノマネをする。この頃から、モノマネは得意な芸として習得。
引っ越してきた古橋君が好きになる。
ドラマで見た織田裕二に惹かれていた私9歳。


10歳。
1年から1学期学級委員を続けており、この頃もやっぱり学級委員に。
そして、生徒会にも入ることになる。
兄が、川で釣りをしていて吊り上げたなまずとともに川に落ちる。「底なし沼だった・・・」の言葉に、激しい恐怖を覚える。
この後遺症でいまだに一人では海や川には入れない。
お年玉で自分の洋服を自分で買ってみた、背伸びしだした私。10歳。


11歳。
やっとそろばんが1級をとることができ、やめようと思ったら、6年まで続けなさいと言われる。大人の理不尽さに少し腹が立つ。
やりたいと言ったピアノは「意味がない」と切り捨てられる。
登校中、下半身裸の男が、集団登校中の私達の副班長さんに襲い掛かる。
兄との喧嘩中に習得した飛び金○蹴り弾を無心で発射。見事退治。
自分で自分に感動する。
この頃、レンタルCDで音楽を聞くのが大好きになった私11歳。この頃得意だったモノマネは音楽の井出先生。


12歳。
シーズーのリーちゃんが突然他界。
始めて身近に実感する死と向き合う。ご飯が喉を通らないと言うのを実体感。
バブルとともに、父の事業も家族も崩壊。

私は、自分を守る為に、不必要なプライドで身を固める事を覚えた。

地球サミットが行われた事もあり、地球環境のことに関心を持っていた為、作文を書く。
夢で出てきた、生徒会長のおおたくんをなぜか好きになる。
髪をばっさりショートカットにした。12歳。


13歳。
中学生になる。
特に目立とうとしていなかったのに、先輩にやたらと目を付けられた。
髪の毛は、奇数でしか縛ってはいけないと言う、しめつけがやけに面白くて、わざと偶数で縛り、挑発。
この頃、金子みすずさんの詩集に出会う。
当たり前の日常を角度を変えて見る事によって発見する美しさや、面白さ見つけると言う遊びをし始めた。
考え方が少しづつ変わってきた私13歳。
バスケ部のニノミヤくんが好きになる。


14歳。
思春期真っ只中。詩や絵をかきまくる。
自分と対面する時間が増えれば増えるほど、本当の姿が良くわからなくなる。
周りの声や自分の声がガラス越しに聞こえる感覚の中過ごすが、周りには相変わらずの不要なプライドで理想の自分像のまま接していた。
2重人格とはまさに。部活と生徒会で毎日忙しく過ごす。

15歳。
何の為に人は生きているのかということを考え始める。
このまま、高校へ行って、大学へ行って就職して結婚するなんて、額縁にはまったような人生は嫌だなぁ、と思っていた。
炭焼師になろうかなぁと、考えていた。
大人への反抗の気持ちも込めて、新聞社宛てに、作文を投稿。
題名もそのままで「額縁人生」
次週に、私が書いたまさに「額縁人生」を歩んできた主婦から私の作文に対しての批判の投稿。不快にさせてしまって申し訳ないなと思いつつも、自分の考えも間違ってはないぞと思っていた。
誰の意見にも、生き方にも、正解も不正解もないんだなぁと、頭では分かっていても頑固な私。15歳。


16歳。
高校でデザイン科に入る。
体育の先生に、お願いされて柔道部のマネージャーをすることになった。
無心で黙々とマネージャーをこなしていた。
エネルギーの勉強をしたり、テーピングも巻ける様になった。
とにかく色んなことを相変わらずもう一人の自分はずーと考えていた。
遠距離恋愛をし始めた16歳の私。


17歳。
柔道部がぼろぼろの状態になる。
その頃、出会った柔道部の副顧問に「たまは、献身的だなぁ」と言われ、はっと我に返る。
自分のために時間を使おうと決意。
その頃、1つ年上の先輩に憧れを抱く。
その際、今でも大親友のわかめちゃんに恋愛相談をする。

「四六時中 空白食べる 恋の虫」
このかわいい句をお~いお茶の俳句募集に応募。見事当選も、内容が恥ずかしく誰にも言わぬまま。

この頃、自分のフェチズムに気がつく。「丸の集合体」や「物の痕跡」。
アルバイト代でカメラを購入。(BIGMINI)写真を撮ることで感じる満足感を分析。
その頃のメモ「写真を撮ることで、自分の周りを再構築し分析する事で、自分の存在を客観的に認める、これが楽しくて、安心感に繋がっている」
不安定な自分の存在を認めるための手段としてメモのように写真を撮りまくる、私17歳。


18歳。
夏休みも学校へ行き、油絵を描きまくる。
その頃、描きあげた100号サイズの「18歳の自画像」が静岡県芸術祭で最高賞の芸術祭賞を受賞してしまい調子に乗る。
そして、描く事が自分のためでなくなってしまった。
気がついてはいたので、自分は、つくづく凡人だなぁ、と思う。。
卒業して何をしたらいいのか分からず、よく授業をサボってボーっとしていた悪い子な私18歳。

19歳。
就職も進学も決められなかったので、アルバイトをしながらアトリエに通って半年過ごす。
とにかく一人暮らしがしたくて掛川で寮つきのバイトを探した。
そこで一緒に働いた女性の言った「明日死んでも後悔しない様に生きるんだ」の言葉でハッとする。
あまり今まで意識していなかった死の事を考えるようになった。
どんなに馬鹿でも、楽しんでも、苦しんでも、どうせ死んじゃうんだから楽しもうかなと言う楽観的な私のベース部分の確立。
その後掛川のバイトを辞めて、前々から興味のあった農家にアルバイトに行く。

農業の裏側(農薬や国からの保障)を知ってかなりショックを受ける。
あと数年後にはファッション雑誌にホンダあたりが個人用の耕運機の広告を出すような時代がくるんだろうな、確実に稼ぐにはこの職業だなぁ。と感じた。
このころ、14歳も年上の人と付き合う。

いいのか悪いのかものすごく色んな経験をして精神的に充実した19歳の私。


20歳。
農家のアルバイトを終え、また寮つきのバイトを探す。

そして、草津温泉で仲居をすることに。
大女将に気に行ってもらえたので、厳しかったものの着付けやお花、お茶と勉強させてもらった。
派遣会社の関係で次は堂ヶ島の旅館に。休みの日、下田の田という喫茶店に行くのが好きだった。
人生初の失恋を体験。傷心の私20歳。

21歳。
住み込みで貯めたお金で東京へ。
竹中直人さんの舞台を見に、毎年下北沢へ来ていたこともあり、その近くに住みたかった私は梅ヶ丘に部屋を借りた。
バイトは、都内の料亭に。運転手つきのお偉いさんが毎晩沢山来る中、帰り道、公園のホームレスのおじちゃんを見たときに、「プライド」について考えるようになる。
その時に、感じたのがプライドには種類があるんだなぁということ。
必要なプライドと、不必要なプライド。私が尊敬する人たちは、必要なプライドだけを持ってシンプルに生きていると言う共通点があった。
人との新しい出会いの多かった私21歳。


22歳。
梅ヶ丘のJAZZ喫茶で絵の個展を開く事になる。
沢山の人たちが現れる中、私の人生に大きな影響を与える人との出会い。
ふた周り以上年の離れたその人と付き合うようになる。
世界を相手に仕事をしている彼から、色々な事を学ぶ。
そして、人間の弱さも感じた。

梅ヶ丘の部屋の更新をせずにテレビもない、茅ヶ岳のふもとでひっそりやまごもりを開始。
薪を割ったり、山菜をとったり、畑を作ったり。
その頃、野良犬のシロと出会う。大自然の中、また、無心の時期をしばらく過ごす。
この頃、夜寝る時に炭をたいて寝たら、一酸化炭素中毒になり、死にかける。
ウドだと思った山菜で、2日間口の中がしびれる。何だったのかはいまだに不明。
色んな欲が枯渇。
ただ生きるために生きていたような22歳の私。


23歳。
山の生活にも慣れ、週末や10日間など短期で色々なリゾート施設でバイトをしては、シロにペディグリーチャムを買って山へ戻っていた。その頃ガリガリだったシロも肥満体に。
ある日、お米を使ったファーストフード店を思いつく。
事業提案書を、「吉野家」「モスバーガー」に送る。親友の勧めで「和民」にも送る事になる。レスポンスが和民とモスから来る。

絵も描かなくなってしまった山ぐらしを終了。
東京で家を探しながら仕事を探そうと思った時に、丁度電話がなった。旅館のアルバイト時代に部屋を担当した銀座のクラブのママからだった。
あれやこれやで、翌日から働く事に。
ちなみに家はまだ決まっておらず、兄の家に居候。
その後大好きな谷中に近い、西日暮里に部屋を借りた。
山ごもりから一転、銀座のネオンは似合わない私23歳。


24歳。
忘れていた頃に和民からまた連絡をもらう。
色々なお話聞きながら、社長の数々の本を読破。感動する。
特に何も目的を持たず、店舗の経営が学べればなと、そしてこの社長と働きたいと思い、銀座をやめて和民に就職する事に。
怒涛の日々の始まり。自分の時間が殆ど持てないまま身体もボロボロになる。
なんだか、とにかく忙しくてボーっとした記憶ばかりが残る私24歳。

25歳。
和民の自然学校と言う小学生を連れて北海道へ行く企画で先生をさせてもらう事に。
その後お店を任されるようになったものの、心身疲れ果ててしまい、ある日ボソッと上司にやめたいですと話したら、とんとん拍子ですんなり辞める事になる。
1ヶ月間は、その頃付き合っていた人の家と自分のうちを往復のほぼ引きこもりの時期を過ごす。
これではいけないと、仕事を探し始める。
デザインや、絵を活かせる様な仕事をと思い、雑貨デザインの店とWEBデザインの仕事を面接。なぜか見事に両方とも受かる。
悩んだ挙句、自分がやってみたいと思っていた、WEBの世界を選択。
右も左も分からない世界でヘロヘロ働く。
今までは、感覚で何とかうまくやってきた接客業。
自分の左脳を生まれてはじめて使ったような気がする、世間知らずを身にしみて感じた25歳の私。


26歳。
生きている仏様のような人に出会う。
常に、心がニュートラルの状態にある人で会った後になんともいえない満足感があった。その人と話した後、目に映る全てのものに愛しむ感情が芽生える不思議な体験をする。
あれは何だったんだろう・・・

仕事で、クライアント先の営業の方の仕事に対する潔さとメリハリに感動する。
権利を主張する前にやるべきことやる。今まで何かに依存して、出来ない事を自分の責任にしていなかった自分の甘さに気付く。追い込み過ぎて胃が痛くなる。

前に職場が一緒だったトモコとカオリとウクレレガールユニットcinqcinqを結成。

tamamixBLOGを開設。

日本酒を2升飲み干す大記録達成。

湘南の海の家でライブなんかをやっちゃったりした。少しづつ、ウクレレ活動が動き出した26歳。


27歳。

あまりの胃痛に病院に行って、胃カメラを志願。
麻酔をかけてもらって内視鏡カメラを飲む。ピロリ菌除去のために抗生物質を飲む。

母性本能がこれでもかというくらいMAXに。
子供とお年寄りを見ると抱きしめたくなる。

「吸収と分析、解釈と淘汰を繰り返して自分をニュートラルに保つこと」を目標にでもそれとは程遠くにいる自分。

WEB制作会社を退社。
転職しようとしたものの個人的に仕事をいただくようになったため細々個人で仕事をしだす。

自分のヘタレレをYoutubeに初めて公開する。
代々木公園でウクレレ仲間りゅうちゃんに出会う。

なぜだか、老若男女問わず怒涛のモテ期がやってきたので調子に乗って過ごす。
浜松と東京の遠距離恋愛で落ち着く。

山での生活と、東京での生活を比較し、分析した文章を書く。

世の中を面でなく、空間で感じようと考える。

「共感覚」ゆえに意識して遮断している音や色や匂いがあることにも気がついた27歳の私。

28歳。
突然思いつき初の海外旅行。バリ島に旅立つ。
生き物の、生死の循環を空気から感じる空間。
どんなものを食べても飲んでもお腹を壊さなかった。
海に潜ってクラゲになれた時はあまりにも感動して海の中でもぐりながら号泣。

たくさんの曲をうくりはじめる。

ウォーキングと山登りにはまる。アスリートのような生活をしながら「あぁ、生かされてるって、こういうことなのか」と感じる。
このころ急に、方向感覚が良くなる。これほんと。
ある日突然、方向が分かるようになった。

ウクレレ活動が本格化。Youtube登録者数も急増した。
2009年元旦に婚約。
東京の生活との区切りをつけようとしていた私28歳。


29歳。
3月に長年住んだ東京から、地元浜松へ戻る。
浜松で生活しているのに、目がさめる度に、ここはどこだ?と感じながら生活。
地元の会社でアルバイトをしながら結婚式までの日々を淡々と生活。
マリッジブルーなのか、不安で不安で毎日が辛くなる。
そしてなんと、土壇場、結婚式1ヶ月前に婚約を解消。

その頃、現在務める会社から、お声がけをいただき、面接。
採用が決まりまた東京にUターン。
会社に近くて無機質でない場所で家探し。麻布十番に引っ越しをする。
tamamonoというバンドを結成。

歌で初めて仕事をした。

まだまだ精神的な発展途上を痛感する日々。
ウクレレを通じていろんな人との出会いがあった29歳。

30歳。

お小遣い稼ぎにスナックでバイト。そこのママが強烈な人生を送ってきた方でほんとに毎日色んなことを学んだ。ママとワインを呑みまくった。
覚悟のある人は、みんな孤独で強くて優しい。それを学んだ。

その後、ウクレレの活動が一気に本格化。スナックは辞めた。

SkypeのCMに出演したり、ショーロクラブの沢田さんとの出会いによりCD制作の話が現実的に。初レコーディングも行った。
ずっと、やってみたかった読み聞かせも大田区で。

東北地方太平洋沖地震後に、石巻に訪問させていただき歌を歌わせていただいた。

周りの方に恵まれている事にとても感謝。
変化や新しい体験の多かった30歳。

31歳。

ショーロクラブさんの武満徹ソングブックにて、デビュー。
この後に、ソロアルバムも発売の予定。


31歳になって明日で3カ月。次にこれを更新する時に何が書けるだろうか。
楽しみだなぁ。

これからも、みなさまよろしくお願いします!

のんだくれ

ec8ae5447ccf4b3e8224d648c0996c9d_6.jpg


ごんちゃんと、タツさんのお店に行ってきた。


武蔵小山、泰もとさん、い~お店でした。














日本酒も、おつまみも。

おいしかったなぁ。

うくれれでんわ

img_970162_28208962_4%5B1%5D.jpg


むーちゃんとウクレレで電話した。


一つ小ネタを発見した。ぶふふ。


浦上さん来てくれてありがとう。


篠原夫妻も久々にありがとう!
ともちゃん、たなっちょ、まゆこちゃん、中田くん、亮くん、カルロス師匠、Kazuさん、geneさん、それからそれから同僚の方を2人も連れて来てくれたえっとー。。イケメン君お久しぶりでした!いつもありがとう!


CD


どうもありがとう。


CD聴いてみてって渡された時に何が嬉しいって、その時間を費やしてくれた事がありがたいなぁ、嬉しいなぁって思う。

プレゼントは、なんでもそうだね。


ももちゃん


同郷のナカダルチョ、まゆこちゃんにいただきました。

一日おくとよいそう。

お気遣いありがとうね。

ずっとくんくんしてる。


ももちゃん、いい香り。


くんくん。

ちょっといやそう、ももちゃん。

あきる野市キャンドルナイトと高円寺ウクレレ日曜日

土日は、ライブでした。

土曜日は、朝から100000年後の安全をアップリンクに見に行ってきた。

ほんとに怖かった。この感想は、また別途。

新宿にちょこっと寄って、あきる野市。秋川まで。

キャンドルに囲まれて、ゆるーいイベントでした。

なんだか、地元に帰ってきているような感じだった。
商工会議所の皆さんお世話になりました。お疲れ様でした。


みなみさん、PAしてくれた山口さん、どうもありがとう!


bf0ib%5B1%5D.jpg

打ち上げで、MILLION CARATSという、イタメシ屋さんにいったのだけどそこもご機嫌だったなぁ。


また遊びに行こう。

日曜日は、大好きなボードビリアン、ミュージシャンバロンさんに誘われて高円寺はメウノータさんへ。


今回も、沢田穣治さんと上野まこと君にお手伝いいただきました。ありがとう。

息があってきたなぁ。2人とやっていると安心します。ありがとう。

それから、たくさんのお客様、満員御礼ありがとうございました。


9cbdd3c285ef4a649983960e9dff457d_6.jpg
Photo by.Ryo Mitamura

いつもはライブでやらない、こっそりねこなんかもやりました。

お客様何人かに、眠たくなったって言われた。これは結構嬉しいのだ。


7580c2d79b0347918759e2811d8cd2ee_6.jpg
Photo by.Antônio Carlos Dobim

バロンさんも相変わらず、素晴らしかった。


8707f9bd00aa4fa3b408bccc422ae84f_6.jpg
Photo by.Antônio Carlos Dobim


バロンさんを見ていると、私も私の言葉で歌っていきたいなぁと思う。

カバーもいいけどね。


メノウータさんのご飯がほんとに優しくておいしかった。
ありがとう。

楽しい週末でした。

あたまのなかに


今日は、昼くらいから、Take Five がずっと流れてた。

ちなみに最近、Lady Linnって方の声が好きなのです。

無いものねだりだね。


かっこいい声出したいなぁ。

さむいね

796a11bf436b4f7aaf3f50b6c7dcd7ed_6.jpg

なんだか、昨日から寒いね。

地球を台風が冷やしていってくれたみたいです。


でも、あまりにも差が激しいから風邪引きそう。


ちょっとのどが痛いなぁ。


昨日、Ber Musicに行ったのだけれども、そこのグラスの白が私が好きな味でした。


モヒートも独特。個性的でおいしい。


またふらりと遊びに行こう。