Blog

ねぇさん、事件です。

昨日ね、まのすと酔いどれ、テクテクと麻布十番駅までの道のりにこんなことがありました。


「なぁああにこれぇぇ!!!」

麻布十番の商店街をごきげんで歩く2人の耳に、怒髪天を衝く声が飛び込んできた。
声は、ほど近い右前方から聞こえた。
恐る恐る足をすすめた私たちの目に飛び込んできたのは、階段の中腹に座る男と女。

30代前半のおかっぱの女、友人か、もしかしたら恋仲であろうかと思われるスーツ姿の男。

(あぁ、なんだ。酔っぱらいか)

そう思いながら女をよくよく見た私は、目を疑った。

膝の上に乗せられたカバンの上に大量のマカロニサラダが乗っていたのだ。
左手にも被害が及び、商店街の薄暗い照明にマヨネーズ白色が気味悪く、そして空しく光っていた。


「なにこれ...」

先ほどとは違い、怒りを押し殺したような声で女はつぶやいた。

男は無言を貫いているが、男は無傷であった。

見てはいけないものを見てしまったような気がした。
昨日行ったハバナムーンのマカロニサラダを食べようとはしたが止めたことも思い出した。

私は、マカロニ事件を背にして、隣にいた正子と駅へ向かった

「そりゃ、なにこれだよね。マカロニサラダのってたよね...」
『のってた...』
「男、無言貫いてたね」
『あの男がやったのかな』
「でも、あの男の手には何もなかったよ。汚れてもなかった」
『上から降ってきたのかな』
「確かに。お店を出た時からマカロニサラダを付けてたら、重力でマカロニサラダは下に落ちているはずだから。あんだけ大量にかばんの上にのってたってことはあの階段であったことになるよね。やっぱ降ってきたのかな」
『それか、あの男か。』
「あの男無言だったね」
『うん...』


そうこうしているうちに、4番出口のエスカレーターの前まで来てしまった。
エスカレーターに吸い込まれていく正子を見送り、私は1人になった。

(なんでマカロニサラダが...)


見上げると、東京タワーがぼぅっと光っていた。


続く(わけない)

インド

雄大なインド。
大きな羽を持ったインド。

犬たちはただ生まれて、ただ死んでいく。
牛たちもただ生まれて、ただ死んでいく。
人もまた、ただ生まれて死んでいく。

五感で感じる生命の循環。

鋭い眼光。

脚のない物乞い。

香辛料の匂い。

汚れた壁。

カラフルな洗濯物。

叫ぶような話し声。

牛の糞。

ガンジスの柔らかさ。

素焼きのチャイカップ。

泥まみれの船。


IMG_8922.jpg


オールド上海ジャズバンド

IMG_8810.JPG


三文オペラを2日連続で見に行こうかとも思いきや。

近所の新世界に顔を出しました。

CDしか聴いてなかったの。
はじめての生。オールド上海ジャズバンド。

amin<ボーカル>
黄 啓傑<トランペット>
富永寛之<ギター>
小林創<ピアノ>
高瀬裕<ベース>
木村 おうじ<ドラムス>
SUJI<タップダンス>


豪華なメンバー。

何だか、タイムスリップしているかのような時間。


MCなしでぶっ続け。

演出も素晴らしかった。

甘美な時間。

やっぱ、ライブにいかなきゃね!


もがく

本当はもっとのほほんとやりたいのだよ。
でも、自分で企画するライブは自分が尊敬する、好きな人としかやりたいくないのだ。
だけどね、好きな方たちってのは、うまいのである。
それで、私は毎回打ちのめされる。
毎回、自分の力不足に凹む。
でもやるしかないのだ。
つまらないことしてたくないのだ。
今年は残り111日。
そのうち、自分の対バン企画は4本。
三輪二郎さん、良元優作さん、踊ろうマチルダさん。
やるしかないのだ―!

CD聴く夜

IMG_8781.JPG


サンフランシスコから帰ってきたPercussion国酒相から頂いたナパワイン。


おいしかった。

白とともに、いただいたCDを聴く夜。

沢さんの詩が、身に染みて涙が出たよ。

スーパーデラックス

この日もライブはかさなっていた。
もう。行きたいライブってなんで重なるんだろうね。

後ろ髪をひかれながら、こちらへ。

IMG_8753.JPG

私はあまりノイズや即興を聴かないのだけれど。

1番初めに出てきた、Thomas Ankersmitがすごく良かった。

生活してれば無音なわけではないので日々何等かしらの生活音に囲まれて生きていることになる。

こうしてタイピングしている音も含めて。


ノイズって、そういう日々の繰り返しの記憶の中に何かを呼びかける瞬間があると思った。


私は、聴きながら小さいころに遊んでいた大きな岩場のある空地を思い浮かべた。


だからとても気持ちよくてね。

次のJimO'Rourkeには、私は星空とか宇宙とかを感じた。


御年80歳。
Phill Niblockは、自身で撮影していた映像とともに。

縦並びに2つ別々の映像。

どちらも、日常の風景の「繰り返し」部分に着目して撮影してあった。

私は、繰り返しや、痕跡などもともと好きなので、Phillのフェチズムみたいなのに共感を覚えた。


それにしても、80歳にしてMacの前に座り、映像や音楽をいじる。
異国で。


おもしろい人生もあるものだなぁ。


IMG_8757.JPG

こいばな

昨日から、立て続けに友達の、恋話を聞いているなぁ。

付き合ってはいけない3Bの職業、美容師・バンドマン・バーテンダーとはよく言ったものだね。

(このまま付き合っててもしょうがない!今度こそはちゃんとけじめつけるんだ...)

って意気込んでても、仕事してる時の姿を見るとかっこいいからやっぱり、離れられない...。

無限ループ!

早く抜け出せますように...

IMG_8747.PNG


スザーナのこの曲の最初の太鼓の音が好き。

それぞれ

IMG_8730.JPG


順風満帆に見える人でもそうでない事もあるのね。

まぁ、そりゃそうだなぁ。


すれ違う人、一人一人にそれぞれの人生があるなんて信じられないくらいたくさんの人がいるな。


OYAMA UKULELE FESTIVAL

IMG_8692.JPG


おやまウクレレフェスティバルでした。
到着したころは、もう暑くて暑くて。演奏者さんたち熱中症にならないかな?大丈夫かな?

と心配してました。


一瞬ゲリラ豪雨でもきたら涼しくなるのに...
なんて思ってたら来ましたよ。


ゲリラ豪雨。
止まらないゲリラ豪雨。

大変でした。ステージ前はプール状態。

1時間くらいは降ってたのかなぁ?
雷もすごくて。


ライブするかどうかはアーティスト判断に任せますとのこと。

そりゃもちろんやるでしょう。


ステージに上がって、私が歌えば晴れますよっていったのだけど。


ほんとに上がったの。


キラキラ。

IMG_8702.JPG

雨の中本当にありがとうね。

小山へ

IMG_8674.JPG

コンドルズ見て、池袋でデジくんと合流。
小山へ向かったのでした。

結構電車が遅れていて、混んでるだろうから贅沢にもグリーン車を。

750円の幸せ。


そして到着!
デジくんとホテルが別々だったのでそれぞれチェックインして夕飯へ!

海なし県で食べたかつお!美味しかったぁ。

IMG_8681.JPG


栃木の鳳凰美田をいただき、ごきげん~


この後、私は1人スナックに繰り出すのでした。

コンドルズ

IMG_8671.JPG


はじめてコンドルズを見に行ったよー!


魅せるし、笑わせてくれるし。


人気の理由が分かった。


また皆さんそれぞれ芸達者。

いいもの見せてもらいました。


きになるなぁ。

近藤良平さん。