Blog

寒い

めっきり寒くなってきた。
ガスストーブの準備と加湿器の準備。

外に出れば白い息がでて、何だか得した気持ちになるのは私だけだろうか。

最近は、目をつむればすぐに寝られる。

小さい頃は、眠れずに海の中に沈んでいくような感覚を想像していたことを思い出した。


カントリーハウス 赤坂



先日、友人が出演するというのでカントリーハウスに行ってきました。

暖かい空気が流れていてゆったりまったりとカントリーを堪能!


その後は満員電車に揺られながら狛江に。
普段は考えられない組み合わせの人達とお酒を飲む。


そこでもゆったりまったりした時間が流れ、幸せだなぁと感じる。


出会いって良いね。

プライド


プライドについて話をしていたらある人がこんな事をいった。


みんなプライドを持って生きていると。


例えば、ホームレスの人は実はものすごくプライドが高いかもしれないと。


誰かに頼るくらいなら、ホームレスになったほうがマシだと思ってしているかもしれない。


たしかにそういう考え方もあるな。

プライドには種類があると思う。


いくつものプライドが交錯していると思う。

中にはどうでもいいこともあったりして、それを脱ぎ捨ててシンプルになれれば楽になるんだろうなぁ。

試合結果




試合は、腕ひしぎ十字固めで所選手の勝利。

航も落ち着いてよく頑張った!

次も応援にいくぞ−!


がんばれ航!!


試合後のマイクパフォーマンス、所選手とっても謙虚な人でした。

贈り物




「この世の中には、何一つ想像だけで済ますことのできるものはない。どんなにつまらぬことでも、想像だけで済むものなんか一つもないのだ。僕たちの予想も許さぬ一つ一つの細かなことが無数に存在し、それが集まって、あらゆるものができているのだ。想像だけだと、ただ大急ぎでどしどし走りすぎるばかりだから、つい一つ一つの細かなことは迂闊に見過ごされて、見過ごしたことにさえ気づかぬことがある。しかし現実そのものはたいへんゆっくりした流れで、おそろしく多様なものをいっぱい詰め込んでいるのだ」

(リルケ「マルテの手記」)

……

このゆっくりと流れる現実にそっくりそのまま身を任せ、
静かにあらゆるものを受け入れるというのは、
なんと平穏なことだろうと思う。
すくなくとも、現実から置いてけぼりを食らうということがないだけ、
それはたいした前進なのだ。

(笠井一)
……

充実記念日




遅刻、池袋、雑司ヶ谷の銀杏、鬼子母神、米俵、落ち葉、鐘、稲荷、恋占い、神田川、鯉、自転車、椿山荘、お屋敷、屋上の撮影、木漏れ日、目白通り、明治通り、早稲田通り、洋品店、荒川線、24号館、23号館、海苔の音、ハンバーグ、チーズ、和風、おかけになって、照明2束、激ウマスープ、500円玉、大塚、竹中直人、古い駅、山手線、東急、ビヤードパパ、坂、4500円、おおはた雄一、原田郁子、カフェ、落書き、嫉妬。


充足。穏やかな日々。

今週の代々木公園交流記録




今週も代々木公園に行ってきました。

かわいい女の子とウクレレしたり、2年前に谷中で出会った脚本家さんと再会したり、イケメンウクレレプレイヤーとセッショッンしたり。

枯れ葉がね、風に舞って綺麗だった…


寒くなってきたね。

炭酸の泡




炭酸の泡の中に沈めたらどんなに気持ちいいだろう。

身体に気泡がくっついて。


プクプク肌をなでてく。


シュワシュワ音は聞こえるのかな。


寝る前のイメージはこんな感じ。


周りにいる好きな人達を絵の中で炭酸に沈めるのが私の中で流行っていまうす。

心理

周りから見られる自分の印象を構築するために、人の人格や気持ちを平気で犠牲にする人がいる。

弱い人間なんだろうなと思う。

犠牲になってしまった彼は冷たい視線で周りから見られ、とても狭い世界ではあるけれど、事実かどうか分らない虚像ができあがっている。

これは、日本人独特のものなんだろうなと思う。

見ざる言わざる聞かざるで、気にしないようにしていたけど、犠牲者がまた一人増えた。

周りの人間はまた、心配そうに発信者を気遣い、本当の犠牲者は自分の知らないところで虚像を作り上げられる。

あまりにもひどい。


でも、みんな気づいてないんだなぁ。


ひどいなぁ。


もてない「女」は、たちが悪いですね。


だから、私は女子の輪がきらいなんだぁぁぁぁぁよぅ!


私の手




手が放つ熱

蒸発していく水分

甲にたまった腫瘍

出ていく黒い種

=========

時々気持ち悪いといわれるだろう

絵を描く

絵本のような絵を描くのも自分

でもたまったフラストレーションを

小さな丸に込めて

気持ちの悪い絵を描くのも自分

大きくなったねぇ



お正月に会ったときは赤ちゃんだったのに…

こんなに大きくなりました。


まだ結婚もしていないですが母性本能が強い私は子育てについてよく考えます。


私がママになったら、どういう風に子供と接するかなぁとか、その時旦那さんになった人はどんな風に接するのかなぁ…とかね。


私の母もそうだったんだろか。

少なくとも私は2番目の子だから気楽に育ててもらった。と思う。


兄の赤ん坊の写真はアルバム2冊をゆうにこすけれど私は1冊も埋まっていない。


『ちぇ』ですよ。『ちぇ』

妄想は膨らむ一方です…

Molet's

モーレッツの皆様です。

モーレッツはアメリカ~カリブ方面の'30s~'50,'60sグッド・ルーツ・ミュージックを楽しむ、とっても陽気なバンドです。

一番手前のめがねは、妙に日本語がうまくなってきたカナダ人のジョーダン。