Blog

←下北沢というまち  |  たのしいしゅうまつ「土曜日編」→

小さい頃によく食べたもの

amafu.jpg

わたしが小さい頃によく食べていたお菓子。

わたしは「あまふ」と呼んでいたその食べ物は、一般的には「ふ菓子」というらしい。
「あまふ」という呼び名はわたしのうちだけの文化なのだろうか?

未だあまふが大好きな私は、東京にきてからあまふを探した。
でも、東京にあるのは黒糖のものしかない。形も角ばっていてなんだか変だ。

そこで日暮里の駄菓子や問屋に行った。
そこにあるのもまた、黒糖の角ばったものしかなかった。

どうやら、あまふは静岡の文化のようだ。

しかもわたしが慣れ親しんだピンクやミドリやキイロのあまふは、浜松の
お菓子のようだ。

母親にあまふを送ってほしいとお願いしても断られる。

軽いくせにかさばって、送料が半端ないらしい。

どうにかして、あまふの文化を東京の人に、日本中に!広められない
だろうか。。。

真剣に悩むわ。



Posted on 2007年3月30日(金) by tamamix コメント (4) | トラックバック (1)


このエントリーをはてなブックマークに追加    

<<下北沢というまち  |  たのしいしゅうまつ「土曜日編」>>

最近の記事

最近の記事