Blog

←ひなたぼっこのかめ  |  曇り空→

おじいちゃんコンプレックス

私が生まれたときから、おじぃちゃんは二人とも天国に
いたので、私はおじいちゃんを味わった事がありません。

味わうって変な表現?

たぶん、私はおじいちゃんコンプレックスです。

街中で、いい笑顔のおじいちゃんを見ると嬉しくなります。
みんなが「うるさい」と感じる、おしゃべりなおじぃちゃんも、
ちょっと傲慢なおじいちゃんも、私は許せちゃいます。
にこにこお話も聞けます。

おじいちゃんと話す事が嬉しいから。

そんな私の自慢は「経験」です。

自分で選んできたその道は、結構自慢が出来ます。

山にもこもりました。

農家もしました。

工場でも働きました。

飲食店を任されてました。

旅館の女将代行もしました。

仲居もしました。

銀座でホステスもしました。

他にも色々しました。

色々な所へ行きました。

ぜ~~~~~んぶ好奇心。
ぜ~~~~~んぶ、流れるままに流されてきました。

今はパソコンの前で仕事してます。

話がそれてしまいました。。。
おじいちゃんについて。
仲居時代の話です。

私は西伊豆の旅館に勤めていました。

その日のお客様は3連泊のお客様。
ご夫婦2人。

到着されてお部屋へ案内し、抹茶をたてます。

気さくな奥様、少し年の離れた細身の旦那様。

旦那様は一言も口を利いてくれずに夕飯の支度。
旦那様は口をきいてくれません。

お風呂の時間。
足が悪く介護がないとお風呂へ入れません。

番頭さんにお願いしますかと聞いたら、奥様は「私が入れてあげたい」と。

それでは、男女入れ替えの時もしくは、お客様がお帰りになる際に、
お風呂を掃除する時間帯があるので、その時に入れるように手配します
と約束。

何とか番頭さんの了承を得て掃除前に貸しきり成功。
そんなこんなで、喜んでもらえているか不安なまま最終日。

玄関で記念撮影。

奥様が耳元でぽそっと私にこう言いました。

「主人あと一カ月ってお医者さんに言われてるんです」

何のことだかよくわかりませんでした。
色々な事を考えました。

奥様が「仲居さんと一緒に」と花壇の前に旦那様と並ぶ。

旦那様が耳元でぽそっと私にこういいました。

「ありがとう。」

私も色々な人に心のこもった「ありがとう」が

言える人間になりたいです。。。。



Posted on 2007年3月26日(月) by tamamix コメント (0) | トラックバック (0)


このエントリーをはてなブックマークに追加    

<<ひなたぼっこのかめ  |  曇り空>>

最近の記事

最近の記事